夏のごちそう\(^-^)/「がんちゃ汁」!

皆様、こんにちは!
のんきーです。

お盆に親類の家で「がんちゃ汁」をいただきました(*`・ω・)

「がんちゃ」とは、「モクズガニ(藻屑蟹)」のこと。
日本各地で食用にされているカニみたいですね。

有名なあの「上海蟹」は「モクズガニ」の一種なんですって( ̄ー ̄)

親類の小学生の男の子が、大人に手伝ってもらいながら、近くの川に魚のアラを餌にした網罠を仕掛けて、捕獲したものらしいです(*´ー`*)

その男の子はカニを飼いたくて、食べることには反対なのですが…
そのカニを遊びに来たのんきーが食べてしまうという、世の不条理であります
( ̄▽ ̄;)
とても、力が強いです。

動きも速く、すぐに逃げだそうとします。
めちゃめちゃ動きまわります(・・;)

生きるために必死なのですねm(_ _)m
よく洗います。

手を挟まれないようにタオルでカニを包んで…

「バキバキ」


ハサミを、もぎ取るのです((((;゜Д゜)))
ハサミを取れば、危険は少なくなるのです。

ハカマ(フンドシともいうらしい)を剥ぎ取ります。
カニ的には、非常に辛い状況だな。


そして、

手足をもぎ取るわけです。

「バキバキ」((((;゜Д゜)))


これが、カニ1匹分。
どんどん解体していきます。

これで、4匹分。
全部で5匹を解体しました。

もしもカニ型宇宙人がこの様子を見たら、逆上して全人類を皆殺しにするかもしれません。
そういえば「プレデター」に出てくる宇宙人って、顔面がカニみたいですよね。

このカニの手足のまずは半分を、水と一緒に…
ミキサーにかけます。

「ガガガ」

以前はこの工程を包丁で叩いたり、すりこぎで擦ったりしていたけど、ミキサーを使うようになってとても楽になった、ということでした。

手作業だったら大変ですよね。

「カニジュース」

    が出来ました。

(さっきまで生きて動いていたカニの生の汁なので「カニジュース」と呼ぶことにしましょう\( ̄0 ̄)/)

これをザルにあけておきます。


さらに、手足の残りの半分と水をミキサーにかけます。

「ガガガ」



出来た「カニジュース」もザルにあけます。
(「カニジュース」……禍々しいネーミングをしてしまったかもしれません(^。^;))


そして、カニミソが入っている甲羅も…

ミキサーで「ガガガ」です。

今までの「カニジュース」より、カニミソ分だけオレンジ色がかっています。

この「カニジュース」もザルにあけます。

そして、ザルで濾します。


おおかた濾せたように見えますが…


さらに、もう少しお水をかけて…


エキスを絞り出します。


出来ました「精製カニジュース」!

これを飲みます!  

というのはウソですm(_ _)m


この「精製カニジュース」でナスを炊くのです。

ナスを…
短冊切りにして…

「精製カニジュース」に入れて、加熱します。
ふわふわに泡立ってきました。

徐々に温まってきました。

沸騰しています。


これで、淡水棲のカニの体表や体内にいた様々な微生物たちも、おいしく死滅したことでしょうヽ( ̄▽ ̄)ノ


お醤油と…


塩で味を整えます。

ふかふかしたダマダマが浮いてきました。

これらは、蛋白成分が凝固して分離したものと思われます。

ネギをたくさん載せて、完成です。


お椀によそってもらって、いただきますよ
ヽ( ̄▽ ̄)ノ


凝固したふかふかのダマダマは、半固形状。

このふかふかの旨味が濃いのです
(ノ´∀`*)

ナスもすっかり柔らかく炊けました。


ふかふか以外は、おすまし状で上品な風味です(*´ー`*)

カニの旨味が余すところなく味わえるお汁でした\(^-^)/


あの力強いカニの生命をいただいたので、元気になった気がします(* ̄ー ̄) スマンノ


親類の家では「がんちゃ汁」と呼ばれているこのお汁は、調べてみると、広く「つがに汁(がん汁)」と呼ばれ、日本各地で食べられているようです。


生命のパワーが詰まった、珍しくておいしいお汁をいただきました。


ごちそうさまでしたm(_ _)m


にほんブログ村 鳥取県情報ランキング に参加しています。

励みになりますので、ぽちっとお願いします。

のんきーのはらぺこ日記 おかわり ~鳥取県で食べます~

ごはんと昼寝と動物が大好きな、のんきーなはらぺこな日常です。

0コメント

  • 1000 / 1000